ポイント7:名詞を使った表現

3、~つもりだ/つもるはない:

※三級時學的「つまり」:
┌ 動詞辭書型/ない形 + つもりです。(現在所產生有關未來的主觀想法,不會影響別人。)
└ 動詞辭書型/ない形 + 予定です。

但是「つまり」不等於「打算 (打算是用於未來的想法)」的意思。
而是「主觀認定,但有可能不是事實」的意思。
→ 主観的な考え方、感じ方、客観ではない、事実ではなかった。

「動詞辭書形/ない形 + つもりだ/つもりはない。」(有關未來的主觀想法,不會影響別人。)

例如:
明日は試験ですから、朝まで寝ないつもりでしたが、やっぱり寝てしまいました。(本來打算,但沒有作。) 

「動詞た形/なかった形 + つもりだ/つもりはない。」(有關過去行為所產生的主觀印象,可能已經發生。)

例如:
私はクーラーを消したつもりです。 (我以為有關了,事實上可能沒有)
でも 消していませんでした。 (事実ではなかった。)
でも 消していないかもしれません。 (事実ではない、可能性がある。) 

 

4、~ことがある/ない:

動詞た形(過去式)+ことがある。
→這裡的こと代表「經驗」。

動詞辭書/ない形(現在式)+ことがある。
→這裡的こと代表「情況(名詞)」,「有時候會」的意思,100%ではない,0%ではない,いつもありません。

例如:私は夜市で服を買うことがあります。(我有時候會去夜市買衣服)

※A~ことがない。 (A百分之百沒有/完全不會,但其它的可能有)

例如:山田さんは遅劇しないことがない。(一定會遲到)

 

5、~名詞の/動詞辞書形/ない形+恐れがある/ない:

→ 大家怕的那件事可能會發生/不好的事可能會發生,所以大家會怕(非負面的詞也可以用)。

※比較:
┌ 怖い、恐い─恐怖的。
└ 恐れる ─害怕。

 

Kirororo 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()