ポイント6 希望表現

「本人は 動詞連用ます形 + たい。」
→ 描寫心理的狀態,主語必須「本人」才可以使用 (因為不知道別人心理怎麼想,所以不能幫別人希望)。

例如:
(O)私は日本へ留学したいです。
(X)彼は日本へ留学したいです。
(O)彼は日本へ留学したいでしょう。→ 推測的情況可以用。

「本人は 動詞連用ます形 + たがる。」
→ 描寫動作/行為。除了本人,也可用來描寫自己以外的第三者。

例如:
(O)彼は日本へ留学したがります。

但是,若希望者不是行為者時不能用,
只能用「希望者は 行為者に/が 動詞て形 + 欲しいです」的說法。(對象是人的話,用「に」比較合適)

例如:
私は結婚したいです。我想要結婚
私は姉に/が 結婚して欲しいです。我想要姐姐結婚
( 欲しいです 動詞化的說法→欲しいがっています 也可以)

「~欲しい=~てまらいたい」
→ 當希望者不是行為者的時候。

※「うれしい」と「うれしがる」的差別:

うれしい:心情表現(描寫心中的狀態),要本人才可以描寫,主詞是本人。
例如:(X)彼はうれしいです。 → 彼はうれしいでしょう。推測的情況可以用。

うれしがる:因為某種「動作、行動、行為」而感到~;接尾語,不能單獨使用。


主語が/は 否定表現 + かな  →有點自言自語
           だろうか→推量
           かしら →女性用(現代),古代男生也會用 

(意思是:我希望~~主語+肯定)

否定疑問表現:代表的意思是→肯定を期待/予測する。(希望對方答應)

例如:
彼は一緒に映画に行かないかな。(希望對方一起去看電影)
宝くじが当たらないだろうか。(希望能中彩卷)
少し雨が降らないかしい。(希望可以下點雨)


Kirororo 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()